アースデイ2000日本

1994年の活動

1994年は、郵便料金が値上げされた年ですが、1994年に開催されたアースデイでは、市民活動を支援するための社会制度を作ろうという動きが活発になったという特徴がありました。 たとえば、封筒を使うことなく、ニュースレターを発送するという実験が行われましたが、これは郵政省の協力を得て行われたのです。また、郵政大臣と直接話し合いをするということも、大きな成果へと繋がったのではないでしょうか。 芸能界や宗教団体、協同組合、政治や経済、行政、そしてNGOなど、様々な団体などが参加し、地球環境を保護するための活動を行うことを誓ったのです。様々な分野の人々が協力し合うことは、非常に大切なことですよね。より多くの方に関心を持ってもらうことができたことでしょう。 様々な立場に居る人々が話し合いを行い、地球環境だけでなく、戦争や平和、人権、そして開発など、様々なことを討論し合い、分かりあうという取り組みも行われました。東京にNGOが集まって、議論し合ったということは、非常に大きな事だったのです。この年は、より多くの分野の方がアースデイに注目し、参加をしたと言えるでしょう。 また、日本連絡所もイベントに初めて参加することにより、今後の課題について考えることが出来たのではないでしょうか。