アースデイ2000日本

独自プロジェクト

アースデイ2000日本では、様々な独自プロジェクトも行われていました。中国というのは人口が最も多い国ですから、地球環境を守る上で、非常に重要な存在なのです。だからこそ、中国と一緒に地球環境問題について考えようという呼びかけを行うため、中国との市民レベルの交流というプロジェクトが企画されていました。 また、地球市民の情報市場を設け、多くの場所で開催されている市民運動情報を、より多くの方が目にすることができるようにという目的の元、インターネット窓口が用意されていたのです。環境情報を主として掲載し、インターネットを利用することによって、多くの方が環境問題について知ることが出来たのではないでしょうか。 様々な国々の写真家と協力し、地球の写真集を世界同時発行するというプロジェクトもありました。環境問題の現実を目の当たりにしたことでしょう。地球環境問題やそれに対する取り組みの変化を書籍としてまとめるということも行われており、環境教育に関する教材の作成なども行われました。全国の学校で、アースデイに授業を行うということを目的としていたのです。これからの時代を担う子供は、環境への関心を高めることができたことでしょう。 このように、様々なプロジェクトがあったからこそ、世界中でより多くの取り組みがされるようになったのかもしれませんね。