アースデイ2000日本

日本国内でのプロジェクト続き

アースデイ2000日本が開催された時には、様々なキャンペーンやプロジェクトが行われていました。どういったものがあったのか、詳しくご紹介しましょう。 まず、20世紀に発生した問題や課題は、20世紀中に片づけようというものです。すぐに解決しなければならないような課題を揚げ、キャンペーンによって多くの人々の協力を得、解決しようというものでした。これを重点目標とし、2000年の4月22日のアースデイには、日本で2000万人もの人々が参加するという国内の広がりを考えていました。日本全体で地球環境のことで話題となり、盛り上がりを見せれば、今まで関心が無かった方でも、何らかの関心を得ることができたのではないでしょうか。 そして、キャンペーンの中で最も大切なのが、環境問題に対する取り組みが前進したかどうかという検証プロジェクトです。アースデイが行われてから、社会の変化について振り返るというものであり、振りかえった上で今後のことを考えようと言うものでした。また、1999年の秋には、環境問題への成果についての書籍を出版したようです。 他にも様々なプロジェクトがあり、そうした大きなキャンペーンがあったことにより、地球環境を守るという活動が進められているのではないかと思います。