アースデイ2000日本

1998年の活動

1998年もまた、1997年から引き続き温暖化防止社会を目指すという動きが見られました。たとえば、アースデイ温暖化防止市民国会が拓かれ、地球の温暖化が与える影響を検証したり、どういったことを行えば温暖化防止に繋がるのかなどが紹介されたのです。そして、温暖化防止活動推進法案も提案され、市民団体と政府が、これに対する討論を行い、採択されたという成果もあります。 グローカル・アクションを展開するために、環境政策実施状況調査を行ったのも1998年であり、1480の自治体の首長に対して調査を行いました。こういった調査結果は、将来の温暖化対策として、非常に力になったことでしょう。アースデイ2000に向け、1998年は様々な準備が進められたとも言えます。 このように、10年間で多くのことが行われ、多くの人々が環境問題について考えるようになり、実際に少しでも地球問題の悪化を防止することができたのではないかと思います。アースデイ2000が終わっても、地球を守るという意識は大切であり、まだまだ努力できることは多々あります。そういった意識改革を行えたのは、アースデイがあったからではないでしょうか。今後も努力し続けていきたいものです。